エチケット・マナー用品

耳掃除の仕方。安全な方法は。嫌がるときは:耳掃除,仕方,嫌がる

更新日:

耳掃除の仕方。安全な方法は。嫌がるときは:耳掃除,仕方,嫌がる

耳掃除を犬が嫌がる。

仕方次第で嫌がらない。

嫌がるときの対応。

 

皆さんは愛犬の耳の掃除ってされているでしょうか。

耳掃除をされていない方もいるでしょうし、しているって方でも自分でしている人もいればカットなどの際にお願いしている人もいることでしょう。

耳掃除について今回はみてみましょう。



 

耳掃除がとくに必要な犬種は?

耳の掃除がとくに必要なのは“耳が垂れている”犬種です。

ゴールデンレトリバーやミニチュアダックスフンドなど、ほかにもたくさんいますね。

 

他にも耳垢が多いとされているのはジャーマンシェパード、ダックスフンド。

耳の中のしわが多く汚れやすいのはパグ・ブルドックという犬種がいます。

 

他にも耳にも毛が多いプードルやマルチーズなど、耳が乾燥しにくく掃除をしたほうがいいでしょう。

また、普段は上記のような特徴がなくてもお風呂・シャワーに入れる機会が多ければ耳の中も蒸れやすくなるので掃除が必要です。

 

“耳の垂れ”、“耳垢が多い”、“耳の中のしわ”、“耳に毛が多い”、“よく風呂に入れる”

このような特徴があれば耳掃除が必要です。

 

耳掃除をしないとどうなる?耳掃除の必要性

本来、犬は室内で飼育するために存在していたわけではなく、大昔は野犬であり外の環境に適した身体構造をしています。

しかし人間により品種改良をされたり、人間の環境に合わせた家の中で飼育されるようになったためある意味暖かく幸せな生活ができるようになってきたかもしれませんが、耳が湿りやすく病気になりやすいという反面もあると思います。

シャンプーン度で耳に水が入ったりなにかと耳内部が蒸れやすい環境にあるため、耳垢がたまりやすく乾燥しにくく、外耳炎や中耳炎などにかかりやすいものです。

そのため愛犬の耳掃除は必要なものとなっています。

 

耳掃除のやり方

犬の耳の構造もやはり複雑で、私たちができるのは見える範囲の掃除程度です。

仕方で重要なのはあまり奥までやると傷つけて逆効果になることもあるので注意が必要です。

きちんと掃除してあげたい場合は動物病院などでお願いすることも一つの手段として考えておくといいでしょう。

 

耳掃除のたびに病院に通っていてはコストもかかってしまいます。そのため普段は自分たちでできる範囲のことをしてあげましょう。

耳掃除の方法は文章よりも動画を参考にしてみましょう。

 

仕方①トリマーからの指導内容

仕方①、下記はトリマーさんから指導をしてもらった時の動画のようです。

 

家にもあるような道具を利用してあり、すぐにでもできそうな印象です。

実際にやると難しいのでしょうけど。

愛犬の耳を傷つけないようにしましょう。

 

仕方②道具を使って

仕方②の方法は専門的な道具を使用していますね。

こういったものを使うとついつい奥のほうまでやってしまいそうですが、無理はしないようにしましょう。

 

 

一般的な耳掃除の道具を紹介

耳掃除に利用する道具をいくつか紹介したいと思います。

 

耳掃除道具①綿棒・綿花(コットン)

綿棒は上の動画でも使用してあるように奥から手前へ掻き出す・拭くように使用します。

耳の広い部分はコットン・カット綿を使用して、ヒダの隙間・溝などは綿棒を使用しましょう。

綿棒の使用では耳垢を奥に押し込むこともあったり、つい力が入ると皮膚をキズつけてしまうこともあるので注意しましょう。

 

耳掃除道具② イヤークリーナー液

イヤークリーナーは毎回の手入れには必要ありませんが、臭いが気になるときなどに使用します。

なかにはステロイド入りのものなどあるので成分には注意する必要があります。

普段のメンテナンス・掃除として取り入れたいのか、ダニの駆除など治療の目的があるのかなど、用途に合わせて選びましょう。

 

耳掃除の頻度は

耳の病気でなければ毎日ケアをする必要はありません。

耳が垂れている犬種なら耳掃除は週に1~2回、そうでなければ週に1回程度で構わないでしょう。

毎日耳のケアをすることで過剰に刺激が加わり、耳掃除が耳を傷つける結果にもなってしまいます。

どうしても気になるのであれば、耳掃除ではなく耳のチェック程度にしておきましょう。

 

嫌がるときの対処法:耳掃除

嫌がるときは基本的に無理にやるのは厳禁です。

嫌がっているのに無理にやろうとすると耳を傷つけることにもなりかねません。

 

ではどうすればいいのか。

嫌がるときには何かに集中しているときに耳を触ることから始めましょう。

例えば食事中です。食事中やおやつの時には食べることに集中しています。その時に少しずつ耳の中を手前から少しずつ指で触ってみましょう。

何もしてないときは嫌がるかもしれませんが、比較的うまくいきます。

嫌がるときには耳掃除をしないで、少しずつ慣らしていきましょう。

 

まとめ

私たちからすれば耳の掃除を軽視してしまいがちなこともありますが、実際に外耳炎・中耳炎となると愛犬にとってはかなり不快感を感じるものだと思います。

中耳炎などは耳だけの症状だけにとどまらず、人間と同じように発熱をしたりするので実際にはとてもつらいものだと思います。

私は普段から綿棒を使用するまでのケアはしないにしても、コットンなどで簡単に拭ける程度の範囲はきちんと掃除してあげるべきだと考えます。

もちろん耳が垂れていたりと、冒頭に紹介したような耳が汚れやすい犬種は別ですが、普段できるケアは自分たちでしてあげるべきではないでしょうか。

そして、病院や美容室に行く機会があればその際にしっかりとした耳の掃除もしてもらってみてはどうでしょうか。

  • 耳掃除は必要です!
  • 仕方は動画を参照!無理にやらない・奥までやらない
  • 嫌がるときには少しずつ慣らす。なにかに集中しているときを狙ってみる。
  • 無理っぽいときは病院やトリマーにお願いする。








-エチケット・マナー用品

Copyright© 犬の飼育・飼育用品情報サイト 【mega-dog】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.