愛犬用の服

犬の服は必要か?犬服の型紙無料DLでハンドメイド。通販で豊富な服選び:犬服,型紙,無料,通販

更新日:

犬の服は必要か?犬服の型紙無料DLでハンドメイド。通販で豊富な服選び:犬服,型紙,無料,通販
犬服は必要なのか。
型紙のDLも可能。
無料でダウンロード。
通販で手軽に買い物、種類も豊富

犬服は今や犬が着ていても何の違和感もないですよね?

少し前までは犬用の服と呼ばれていたけど今はちゃんとドッグウェアなんて言われています。

人気も上昇しておりさまざまなブランドが出てきているようです。自分で作れるように型紙もあったりします。
無料で犬服の型紙が配布もされています。
型紙が無料なら作ってみるのもいいですね。
通販での種類もかなり豊富です。

飼い主のファッション感覚的な自己満足なんかじゃないの?なんて思われがちなところもありますし、海外からの流行と言うのも確かにあるのですが意外とファッションだけのものではないようです。

サイズもさまざまです。



犬用の服は必要なのか。役割は?

本来、人間が服を着る意味には、服を着ることで外敵から身を守ったり温度調整をしたりと生きるための物でした。

現在では、それがおしゃれを重視したファッションとして流通しています。。
これは人間に限ったことではありません。

犬服も外部の刺激から身を守ったり温度調整をしたりする意味で着られるようになったのが基本でしょう。

 

外では温暖化で暑く、その反面、「室内はクーラーなどで寒い」など人間の作りだしたもので温度差が激しすぎてさすがに犬も体毛だけではどうしようもない環境になってきています。

服を着させるという行為は犬の生きる役割になっていて必要なものだとわかっていただきたいものです。

それがよりおしゃれに発展したのが現在のスタイルでしょう。

 

着用するメリット

①体温調整

犬服の種類もおおいですが、犬にも沢山の種類がいるので毛質や体質も違う分、温度に強い犬、弱い犬もいます。そのために服を着させることで温度調整を行うことができます。

 

②紫外線予防

犬服は外部からの刺激から守る役割もあります。

外に出るとどうしても浴びてしまう紫外線は、私たちはクリームを塗ったり日傘をさすことができますが犬にはそれができません。

 

③外的刺激予防

犬服は虫刺されや、散歩中に枝で身体、特に腹部など弱点となりやすい場所にキズがつかないようになどの外部からの刺激から身を守るアイテムにもなります。

 

 

着用するデメリット

①ストレス

犬服は以前はありませんでした。

もとから服なんて着ない生き物なので嫌がる犬は何をしても嫌がります。

そのため無理矢理着させると犬のストレスに繋がるので徐々に慣れさせるようにしましょう。

 

②誤食の危険性

最近は犬の服の種類も増えてシンプルなものもありますが装飾が多いものもあり、それを誤って飲み込んでします危険性があります。着させるなら可愛いものを…と思う気持ちも分かりますが動きやすく装飾の少ないものを着せましょう。

 

服の種類。どんなものがある?

犬服の種類を大きくまとめると、オシャレ用、防寒着用、レインコートなどに別れます。

 

①お洒落用

犬服でもおしゃれ用の服は数多く存在していてシンプルなものから装飾の多いものまであり生活のシーンに応じて利用できるものが多くあります。

②防寒着用

防寒着用は小型犬などは体が小さい分、寒いと低温になってしますために寒い地域での暮らしの方などは部屋の中や外に出かける時などに着させるのにお勧めです。

③レインコート

犬用のレインコートは雨の日に雨水を予防する以外に犬の体温低下を防ぐことと、泥などが飛び散ってつかないように衛生面での目的としてもお勧めです。

 

 

 

他にもこんなものも

犬服のデザインも沢山ありますが犬用の服に、マナー用の服があります。

服と表現するよりもどちらかというとマナー用は“犬用のおむつ”のようなものです。

病院や商業施設などに行く際につけることで双方の迷惑にならないようにあるものです。

他にもスヌードもあります。スヌードとは“耳から頭にかけてのかぶりもの”です。

垂れ耳の種類の犬に使用することが多いタイプで、散歩や食事の際に犬の耳が汚れることを防ぐ目的で使用されています。

雨の日でも耳の中に水や湿気などが入らないように予防もでき清潔に保てることのできるアイテムとなります。

 

サイズについて

人間でもそうですが、あまりぴったりな服だと動きにくいものです。

犬服だって季節・時期によっても毛の量が変わってきます。

犬服のサイズについては少し余裕を持たせたくらいの服がいいでしょう。犬もたくさん動きますし、人間よりも柔軟に動きます。

そのため服が小さいと動きが制限されるので服を嫌がってしまうことにもつながります。

犬服を帰せることで動きを制限させないことも意識してみましょう。

 

通販でも種類は豊富

実際に商品を見てから購入するのがもっとも間違いがありませんが、店頭の商品だけだと限りがありますよね。

通販というものも利用してみてはいかがでしょうか。

通販やネットでは実際に商品を見て選ぶことはできませんが、種類も豊富で価格も比較的安価で購入することもできます。

通販でもクチコミなどはいろいろ掲載されているので、それを参考にしてもいいでしょう。

参考として通信販売でどんな犬の服があるのか確認してみてください。

 

型紙、無料ダウンロードも

なかには手芸が得意で自分で愛犬の服を作ってみたいという方もいるのではないでしょうか。

無料で型紙を配布しているサイトもあるようです。

型紙を作るのはとても手間がかかるのですが、それが無料で入手できるのであれば自分で作ってみたいという方は調べてみてはいかがでしょうか。

型紙も無料でダウンロードできるのであれば、無料なのでやってみる価値はあるのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ファッション性があるのはもちろんですが、どれもそれなりの意味があるものなんです。

「必要ない」という方もいらっしゃると思いますが、状況によっては必要となてくるものもあることが解ってもらえたのではないでしょうか。

愛犬によっては馴染んでくれないこともあるかもしれませんが、少しずつ慣らすことで着用してくれるようになります。

すくなくとも寒さに弱い犬種には防寒着程度は準備してあげたいものです。

飼い主も満足・愛犬も満足できるような服を選ぶ・作ってあげましょう。

  • 犬服の種類も豊富
  • 無料でDLできる型紙も。
  • 型紙の種類も豊富にDLできます。

 








-愛犬用の服

Copyright© 犬の飼育・飼育用品情報サイト 【mega-dog】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.