リード

トレーニングリード・ロングリードとは:おすすめの使い方:トレーニングリード,ロングリード,犬,おすすめ

更新日:

トレーニングリード・ロングリードとは:おすすめの使い方:トレーニングリード,ロングリード,犬,おすすめ

トレーニングリードとは

ロングリードとトレーニングリードは同じもの

犬のロングリードの使い方

おすすめの使い方

 

 

犬のトレーニングリードというものは目にする機会は少なく、一般的ではない種類かもしれません。

トレーニングリードはこのようにあまり見かけませんが、愛犬のしつけやスポーツなどを楽しむときには

トレーニングリードがあるのとないのではかなり違いがあります。

ロングリード・トレーニングリードがどんなものなのか、どんなものを選べばいいのかなど紹介します。



トレーニング(ロング)リードとはどんなもの?

ロングリードと一般的に言われている長いリード(引き紐)のことを指します。

ロングリードは呼び戻しの訓練や広い場所で遊ぶ等、色々なシチュエーションで使えるので便利なリードです。

 

トレーニング用リードの種類

トレーニングリードは丸紐タイプとテープタイプの2種があり、長さも20mのものもあれば50mのものもあります。

 

① 主な形状は2種類。丸紐タイプとテープタイプ

ロングリードの丸紐タイプは束ねてもネジレが無く、突然引っ張っても組紐の様な編み方なのでクッション性があり、丈夫さも兼ね備えているのが特徴です。

文頭のはじめにあったようなタイプを言います。

テープタイプは軽く、濡れても乾きやすく摩耗耐久性があるのが特徴です。

 

 

② 長さにも違いがある

気になる長さですが、しつけ・訓練として使いやすい物だと3m~5mタイプがあります。短いのでとくに長さで重く感じないので初心者でも使いやすいですね!

こちらは呼び戻しの訓練で愛、犬から離れて「オイデ」と命令した後に少しリードを引っ張る事で愛犬に合図を与えやすいのでオススメです。

小型犬~大型まで種類を選ばず使いやすいのも魅力的なトレーニングリードです。慣れてきたら、訓練にも遊びにも使える10mタイプがオススメです。

犬のロングリードは他にも20mタイプや30mタイプもあり、最大限長いタイプだと驚きの50mタイプ!!

こちらはペット用品店で販売しています。

長いタイプは、訓練より広々とした場所(海や草原)で遊ばせるのが目的です。

 

③ カスタイマイズできるファンクションリード

トレーニングリードにもなり、色々と金具がついていて金具を外すとトレーニングリードサイズに、

金具をつけるとスタンダードリードになったり、

女性でも散歩し易いショルダーリードにも変形可能で多機能なタイプです。

 

日本では余り見かけませんね。

輸入されてくるファンクションリードはドイツメーカーが有名です。

 

ただ、金具が多く重いので小型犬には向きません。

 

トレーニングリードのメリット・デメリット

犬のトレーニングリードのメリット

トレーニングリードのメリットですが、呼び戻し訓練以外にもアレンジが効きます。

それと、初めてのアジリティ訓練などにも有効活用出来るのでオススメです。

公園で遊んでて、突然子供が愛犬に近づいて来る事がありますね。愛犬が興奮する前に引き戻せるので安心です。

いつもの散歩と訓練のメリハリになるのでスイッチの切り替えが出来る。

また、災害時に飼い主の近くで係留することができるのて安心ですね。

普段訓練に使わない時は愛犬と素敵なアウトドアや野山で愛犬と一緒にトラッキングしたりしてもいいですね!

海に行く時にも大活躍です。泳ぎが心配な愛犬でも緊急時に引き寄せることができます。

 

犬のトレーニングリードのデメリット

デメリット① 形状によるもの

トレーニングリードのデメリットは、紐の形状や長さで違います。

たとえば、大型犬は力も体重も重いので丸紐タイプを使うと、突然走った時に飼い主の手が紐で擦れたり、縛られたりして怪我をする可能性があります。

テープタイプだとよくネジレてしまうので細かく動けるような小型には向きません。

 

デメリット② 長いが故に

長すぎて扱いきれずに飼い犬の足に巻き付いてしまい摩擦や絡みで大怪我に原因になります。

また、自転車や車がトレーニングリードの上に乗ってしまうとタイヤに巻き込まれてしまうリスクもあります。

小型犬だと紐自体の重さがあり、合図で引っ張った時に首にかかる衝撃に注意しなければいけません。

 

デメリット③ メンテナンスが大変

ロングリードは毎日使う物じゃないので、使わない時の収納にも困りますね。

ロングリードで訓練でも遊んだ後でも常に地面に触れているので、泥んこの日や雨上がりなんかは洗うのにも一苦労です。

ロングリードは地面で引きずるようにゆるく使うのでどうしても1年たつとボロボロになってしまいコストがかかります。

 

トレーンイングリード。使用時に意識しておきたいこと

 

① 移動・散歩時は別のタイプのリードの使用を

犬の散歩や移動において、トレーニングリードで公園に行こうとするのはあまりオススメできません。

 

トレーニングリードは長いので道路を歩いている時に伸びたリードが周り歩行者の迷惑になります。

また、長いからって腕に巻き付けていると事故に繋がります。必ず移動する時はお散歩用に使ってるリードを使って下さい。

 

トレーニングリードと散歩用のリードに切り替える時は先にリードを外さずに、

トレーニングリードも装着してからリードを外すようにしましょう。

 

犬もリードが外れるのは自由に遊べる!と理解していますので、思わぬ脱走に繋がります。

呼び戻しができないワンちゃんは捕まえるのは大変!走り回って興奮しているのでなかなか止まりません。

 

② テンション(引っ張り)がかかっていない状態がベスト

トレーニングリードは常に地面についている状態・テンションがかかっていない状態がベストです。

ですが近寄ってきたらちゃんと手繰り寄せて余分な緩みを出さないように気配りしましょう。愛犬にリードで繋がれてないと思わせるのがポイントです。

犬の呼び戻し訓練をする時は「マテ」をさせて「オイデ」と言いながら、軽くトレーニングリードを軽く引っ張って合図します。

愛犬が近づいて来たらよく褒めて上げましょう!

どんどん距離を離してチャレンジしてみてくださいね。

 

おすすめ:トレーニングリードはどんなものを選べばいいのか(まとめ)

おすすめ①:体の小さい犬または小型犬には体に負担のかからない3mの軽量丸紐タイプが扱いやすくオススメ。

おすすめ②:中型犬は活動的ですが体重も力も十分女性のちからで抑えれるので丸紐タイプでもテープタイプでもどちらでも制御しやすいですね!

おすすめ③:大型犬以上には幅広のテープタイプで適正体重以上の物を選びましょう。特に大型犬用と記載されているタイプが安心ですね。

 

大型犬用はナスカンも丈夫になっているものが多いのですが、安いものだとただ重く頑丈なだけで首の負担になるので購入する時はよく確認してください。

トレーニングリードも犬に負担が少ないものをを選んであげる事が一番です!

 

最後にトレーニングリードを畳む時に使えるTip

まず、肘を90度曲げ手のひらを空に向けて広げて、トレーニングリードの持ち手を親指に引っ掛け

肘→手のひら→肘→手のひらとぐるぐる巻いてまとめ、外したら最後に付属のマジックテープでぐるっと

固定するとキレイな束になり持ち帰り安いですね!








-リード

Copyright© 犬の飼育・飼育用品情報サイト 【mega-dog】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.