首輪・カラー

犬の首輪の種類や特徴。首輪の選び方。ベルトタイプ・ハーフチョーク・バックルタイプ:首輪,種類,特徴,選び方,おしゃれ,

更新日:

犬の首輪の種類や特徴。首輪の選び方。ベルトタイプ・ハーフチョーク・バックルタイプ
犬の首輪、素材で選ぶ・タイプで選ぶ
犬の首輪のベルトタイプ・ハーフチョークタイプ・バックルタイプ
種類や特徴、選び方

現在は首輪にもおしゃれないろんなブランドもあり、素材も革製やナイロン製などがあります。
おしゃれなものは人気が高いですが、愛犬に合ったものを選びましょう。
通販でも多くのものを見比べて購入することができます。
首輪を嫌がることもありますが、少しずつ慣らしていきましょう。
首輪には名前などを入れておくともしもの時に役立つこともあります。

首輪もいろんなタイプのものがあります。
今回は犬の首輪のタイプについていくつか紹介したいと思います。



ベルトタイプ

ベルトタイプは昔ながらの一般的なもので、私たちも使用するベルトのようにバンドに空いた穴に金具を差し込んで固定するタイプのものです。

金具なので固定部分はとても丈夫です。また、バンドの素材にもよりますが金具さえ持てば最も長期間使用できるタイプです。

バンド部分は皮が最も長持ちするようです。

 

 

 

バックルタイプ

バックルタイプは主にプラスチックのバックルで首輪をつなぎ、固定するタイプです。

下のものを参照してもらうと分かりやすいでしょう。

装着は“カチッ”と止めるだけなので着け外しがとても簡単です。

アジャスターが付いているのでアジャスターで長さを微調整できます。

ベルトタイプでは穴の間隔だけで調整しないといけないのですが、細かく調整できるのもうれしいですね。

バックルはプラスチックで作られているためバンド部分よりもプラスチック部分が痛むのが早く、ベルトタイプよりも長持ちしないことが一般的です。

 

 

ハーフチョークタイプ

チョークタイプは犬が引っ張ろうとした時や、リードを引っ張ってテンションをかけることで首輪が一瞬締まるもので、主にしつけ用に利用されます。

下のようなものです。

こちらもアジャスターで長さを調節できます。しかし調節次第では、チェーン部分が完全に緩んだ時に首・頭からスルッと完全に抜けてしまうこともあります。

しつけや散歩のときには使えますが、室外飼育のように常に繋いでいる場合には使用しないほうがいいでしょう。

 

 

首輪の素材について

首輪の素材についてはおもにナイロン・革・金属があります。

ナイロンや革素材についてはとくにどちらを選んでもいいと思います。

革は耐久性に優れていますし次第に首にもなじんでくるのでのでお勧めです。ただし、雨などで濡れてしまうとカビが生える可能性もあります。

ナイロン製のものはデザインや色が豊富にあるので好みのものを見つけやすいのが特徴です。

金属タイプにつては丈夫さは言うまでもありませんが、チェーンに毛が絡みやすく痛みを感じさせてしまうリスクもあります。

首輪の不快感は首輪を嫌うことにもなりかねないので金属の首輪については私はあまりお勧めできません。

 

おしゃれな首輪も。種類も豊富。

首輪のタイプとしては上記で説明した通りですが、いずれのタイプでもおしゃれ・かわいいものなどたくさんあります。

店舗で実際に商品を確認して購入するのが一番間違いない購入方法だと思います。

しかし、通販・通信販売でもおしゃれなものがたくさんありますし、なにより種類が豊富です。

とくにネットではおしゃれなものが豊富という特徴もあります。また、レビュー・クチコミが多数寄せられている人気の商品もあります。

ネットで購入するのが不安な場合はクチコミなどで人気がどうなのか確認するといいでしょう。

 

 

まとめ 複数の首輪の使い分けも

このように犬の首輪はいろんなタイプがあります。

首輪は1種類じゃないとダメってことはありません。

それぞれにメリット・デメリットもあるのでどんな使い方をしたいのかを考えて使い分けや選ぶようにしましょう。

首輪の種類や特徴。選び方。首輪もおしゃれなブランドもあり、革製やナイロン製などがあります。

おしゃれなものは人気が高いですが、愛犬に合ったものを選びましょう。通販でも多くのものを見比べて購入することができます。

首輪を嫌がることもありますが、少しずつ慣らしていきましょう。首輪には名前などを入れておくともしもの時に役立つこともあります。








-首輪・カラー

Copyright© 犬の飼育・飼育用品情報サイト 【mega-dog】 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.