リード

リードの選び方。フレキシブル・スタンダード・ロングリード:リード,伸縮,おしゃれ,フレキシブル

更新日:

リードの選び方。フレキシブル・スタンダード・ロングリード:リード,伸縮,おしゃれ,フレキシブル
リードの種類
伸縮タイプ
おしゃれなリード
フレキシブルタイプも人気

 

愛犬の散歩では
リード・散歩ヒモが必ず必要となります。

必要なシーンとしては散歩だけではなく、予防接種や治療など動物病院内でも必要になることもありますし、ドッグランなどでも必要となります。

昔は散歩ヒモといえばスタンダードタイプだけで他に種類はとくになかったのですが、
伸縮タイプやロングリードなど、現在ではいろんな種類のものがあります。

おしゃれなものなど散歩が楽しくなるようなものまでたくさんあります。
フレキシブルタイプなどの人気がとくに上昇中。
伸縮タイプなどともいわれていますね。

今回はリードの種類や特徴、選び方などを紹介します。




 

共通する選び方・注意点

リードに限ったことではありませんが、モノには適応・適正というものがあります。

首輪は小型犬のものを大型犬に利用することは不可能です。
リードは小型犬のもをだって大型犬に使おうと思えば使うことができます。

しかし耐久性や長さの面から考えれば絶対に小型犬のものを大型犬に利用するようなことはやめましょう。

選ぶ・使用する時には体重やサイズなど、適正なものを利用するようにしましょう。

 

素材も革やナイロンなどありますが、これはどれを選んでも大丈夫です。
リードだってそうですし、どんなものにも寿命というものがあります。

リードは毎日使用・目にするものですから、摩耗などには注意して「古くなってきたな」と感じたら買い替えるようにするほうが安全ではないでしょうか。

フレキシブルやスタンダードなど、好きなものを利用するほうが散歩も楽しくなることでしょう。

 

犬がリードを噛むときは

犬がリードを噛むというのはある意味正常なことです。

人間も幼いうちは遊んでもらいたがったり、嫌なものは嫌だと表現しますね。愛犬がリードを噛むのもそれと同じようなものです。

そこで叱られたり、相手にされないことで犬も社会性がついてくるといわれています。

してはいけないことをしたときは叱ることを繰り返します。また、遊びのつもりで噛んで引っ張ることもあります。そんな時は飼い主も相手をしないことも手段のひとつです。

また、噛んでほしくないものに犬が嫌うようなものを塗る・吹きかけるということもあります。どうしても治らない場合はそういった方法も検討してみましょう。

伸縮リードはとくにヒモ部分が細いのでダメージには注意しましょう。

 

リードを嫌がるときは

少しずつリードに慣らすことが重要です。

幼いころからリードを着用することで慣れてくれるケースは多いものです。

しかししばらくして突然リードや首輪をつけることで嫌がることはあります。

まずは愛犬の気を引くようなことをしながら、リードではなくまずは軽いヒモなどをつなげるようにしてみましょう。

そのうち紐を気にしなくなります。

そして次は少し重い、実際に使用するリードを装着して遊んだりして犬の気を引きましょう。

リードを散歩として使い始めるのではなく、まずは散歩以外で愛犬がリードになれることが大切です。

 

おしゃれ・かわいい・かっこいいリードも

現在はリードの種類もかなり豊富になってきました。

リードに限らず、店頭で購入するのが一番間違いありませんが、ネットや通信販売でもいろんなものが販売されています。

どうしても種類はネット・通販のほうが豊富にあります。

おしゃれ・かっこいいものなどさまざまです。

ネット・通販が心配な方もいることでしょう。そういった方は店頭で購入するのをお勧めします。

しかしちょっと通販も気になるということであれば、商品のクチコミ・レビューを掲載されているものもあります。

実際に使用した方々のクチコミを参考にするのもいいでしょう。

おしゃれなものが店頭になく、ほかにも気になる方は参考としてどんなものが通信販売・ネットで挙げられているのかチェックしてみましょう。

 

 

リードの種類① スタンダードタイプ

昔からあり最も一般的に利用されているタイプです。

使用方法も迷いようがないほどシンプルですが、基本的には片方の手を持ち手の輪っか・ループに手を通してリードを持ちます。もう片方の手でリードの途中部分を持って、犬と自分との距離などを調整します。

 

細いものもありますが、リードのなかでは最も太く耐久性が高いタイプのリードでしょう。

まだ幼く噛み癖が残っていたり、リードを噛んでくるような性格であれば、耐久性の高い、このスタンダードタイプがおすすめです。

多くは2メートル以内のものばかりですが、なかにはそれ以上の長さのものもあります。用途に合わせて選びましょう。

ループ部分を直接握っていることもよく見かけますが、不意に手からリードが離れないようにするためには上記の通りに持ったほうがいいでしょう。

また、2頭など複数を散歩させるときはスタンダードタイプのように短いもののほうが絡みにくくおすすめです。

 

リードの種類② フレキシブル(伸縮)タイプ

フレキシブルタイプは伸縮タイプなどとも呼ばれますが、実際にはリードが伸縮するわけではなく、メジャー(巻き尺?)のように、本体にリードが出たり入ったりします。

伸縮タイプは犬が進めばリードが本体から出て、近づけば自動で収納されていきます。

 

フレキシブルタイプは何もしなければ最大長まで伸びていきます。

「これ以上先に行かないで!」

というときはボタンを押すなどすればロックがかかり、それ以上リードが出ないようになっていますし、ロック中は自動でリードを収納することもありません。

伸縮タイプリードの紐がどのくらい伸びるかは商品によって様々ですが、3~8メートル程度のものが多いようです。

 

 

ロックをかけない限りは限界まで伸びてしまいますので、周囲に人がいないかなど安全確認は怠らないようにしましょう。

また、あまり好きにさせておくと木や電柱などに巻き付くこともあるので、そのようなところも意識したいものです。

伸縮リードはながくなるので、2頭以上の散歩などではリードが伸びた状態で犬同士が交差したりすると絡みやすく、リードも持ち替えにくいので複数の同時使用は困難です。

 

リードの種類③ トレーニング用リード

あまり一般的ではありませんが、トレーニング用のリードがあります。

長いものは30メートル程度のものがあり、フリスビーキャッチなど屋外でトレーニングを行うためのものです。

長いため携行性が悪いことと強度がそれほど高くないため、普段の散歩などでの利用には不向きです。

ですが、フリスビーキャッチやボール遊びなどではこれほど役に立つものはありません。

 

まとめ

現在では海外から輸入されたものが販売されていたりもしておしゃれなものも増えてきています。

おしゃれなものを選ぶのも大切ですが、リードなどの用品は愛犬のサイズ・体重などに合わせて適正なものを使用するのが基本です。

それを理解したうえで、用途に合ったものを使用しましょう。








 

-リード

Copyright© 犬の飼育・飼育用品情報サイト 【mega-dog】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.