首輪・カラー

犬の首輪、ベルトタイプの首輪の特徴や選び方。首輪,おしゃれ,革,サイズ,嫌がる,人気

更新日:

犬の首輪ベルトタイプ。首輪,おしゃれ,革,サイズ,嫌がる,人気
首輪ベルトタイプの特徴


ベルトタイプとは
サイズも自由に。
人気の種類。
おしゃれなものもたくさん。
革タイプがベーシック

犬に使うものはどうしても気を使ってしまいますね。

できるだけ可愛い・かっこいいもの。丈夫なものなどなど…

首輪の“ベルトタイプ”の特徴や選び方を紹介します。




ベルトタイプの首輪とは

犬のベルトタイプの首輪とは、首の周りに直接装着するタイプの物で一般的に最も多く使われている物です。

構造としては人間用のベルトと同じ作りになっており、穴に金具を通すだけですので初めて犬を飼われる方にはこのベルトタイプが一番使い勝手が良いです。

また、ベルトタイプは価格がリーズナブルで、種類も豊富にあるというのも最も多く選ばれいる理由のひとつと言えます。

大型犬用として太くて丈夫な物から、小型犬用に細くて軽い物まで種類は豊富にあります。最近では夜の散歩も安全にできるように光るタイプの物もあります。

革タイプが比較的人気があるようです。

 

ベルトタイプの素材は革・ナイロン

ベルトタイプの多くの素材は革かナイロンです。

革タイプではサイズの微調整ができないものが多いですが、丈夫で長持ちしますし次第に馴染んでくるのでそういった点で人気があります。

ナイロン製も多くあります。ナイロン製はカラフルでおしゃれ・かわいいものが多く、サイズが微調整できるものが多いのでそういった点が人気です。

どちらも一長一短あるようですので実際に使用してみて飼い主・愛犬ともに満足できるものを選びましょう。

人気なのは革製品ですが、ナイロンなどではおしゃれなものがとくに多くあるように感じます。

 

サイズ選びが重要

犬用ですし、抜けてはだめ!当然サイズが適正でないといけません。

人気でかわいいからというのもいいですが、サイズはちゃんと選びましょう。

首輪のサイズも大小ありますが、小さい時期は成長も早いためすぐにサイズが合わなくなってきます。

だからと言って大きすぎるものを選ぶと散歩中に外れてしまうリスクもありますね。

犬が成長して首輪が小さいままだと苦しくなるのは当然ですし、首との摩擦も強くなって皮膚を傷めたり毛が抜けてしまうということもあります。

また、そのときの時期によって毛の量が異なってくることもありますね。

ある程度の変化にも対応できるように大きくも小さくも巻けるような余裕をもったサイズ選びをしましょう。

嫌がるときは首輪のサイズが問題であることも。

 

ベルトタイプの首輪のメリット

まず使いやすいという点があげられます。誰でも簡単に愛犬の首に装着する事が出来ます。

また、愛犬が成長しても成長に合わせて穴をずらして調節が出来ますので、比較的長く使用する事が出来ます。

サイズが調整できるというのは重要です。

そして、とくに皮で作られているベルトタイプの首輪は一番丈夫と言えます。

首輪で革だと、革そのものが丈夫なうえ、固定する部分も金属で作られているものが多くしっかりしているので、お散歩中に破損して外れてしまうなんて事はまずありません。

もちろん装着時や散歩前には首輪の状態は一度確認するようにしましょう。

 

ベルトタイプの首輪のデメリット

ベルトタイプに限ったことではないと思いますが、お散歩中に他の動物などを見て急に愛犬が興奮してしまった時などに飼い主が慌てて自分の方に引っ張ってしまい、首輪が抜けてしまうという事もあります。

犬を・リードをあまり強く引っ張ってしまうと、愛犬にとってもストレスになってしまいます。

サイズはしっかり選びましょう。

また、ベルトタイプは外で飼われている犬のほとんどが装着していますが、たまには首輪を外してブラッシングをかけたりしないと、首輪をしている部分だけ毛が抜けてしまうとい点もデメリットのひとつです。

室内では多少ゆるくても問題ありませんが、散歩や室外飼育では抜けることがないようにしっかりと装着することを心がけましょう。

サイズはもちろんですが、長さの調整もしっかりしましょう。

ベルトタイプの種類や価格を見てみよう。人気の商品も

店舗で実際に商品を確認して購入するのが一番間違いない購入方法だと思います。

他の購入手段として
通販・通信販売でもおしゃれなものがたくさんありますし、なにより種類が豊富です。

首輪もとくにネットではおしゃれなものが豊富という特徴もあります。また、レビュー・クチコミが多数寄せられている人気の商品もあります。

ネットで購入するのが不安な場合はクチコミなどで人気がどうなのか確認するといいでしょう。

おしゃれなデザインのものもあります。どんなものがあるのか見比べてみましょう。

 

嫌がるときの対処

首輪の着用はできるだけ幼いころから始めてください。

犬に限りませんが、幼いころから着用することで慣れやすくなります。散歩をする時だけでなく常に着用していると慣れ安い傾向にあるようです。

すでに成長している場合はいきなり首輪ではなく、少しずつ慣らしていくことが大切です。

嫌がるのであれば、まずは緩い・軽いヒモを首にかけることから始めます。犬が食事などで首輪が気になりにくいようなタイミングで首輪・紐を緩くかけることで慣れやすくなります。

おやつのタイミングでもいいですね。

首輪を緩くつけた状態で、おやつに意識を向けます。首輪を着用している時間を少しずつ増やすことで首輪を嫌がらなくなります。

首輪は愛犬の命綱なのでしっかり着用させたいものです。

サイズがきつすぎるのも嫌がるポイントでもあります。

 

まとめ

人間と同じで愛犬の性格もさまざまです。おとなしくて、引っ込み思案な犬もいれば、物怖じしない元気いっぱいの性格の犬もいます。

外で飼育している愛犬や、室内で飼われている愛犬。その子に合っている物をじっくり選んでいただきたいです。

もし、「うちの子にはどういった物が合っているのかわからない」という方は、何種類か試してみるのも良いでしょう。

色や形、長さなど種類も豊富にありますので、きっとピッタリな物が見付かるでしょう。

  1. おしゃれ・かわいいものもたくさんある。
  2. 通販でも種類が多く、クチコミも見ながら検討する。
  3. 嫌がるときは少しずつ慣らすこと。
  4. サイズ選びが重要。

 

 








-首輪・カラー

Copyright© 犬の飼育・飼育用品情報サイト 【mega-dog】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.